work

手作り石鹸の製造工程について

①原材料計量

製造する石鹸の原材料を1g単位で正確に計量をします。

量が間違っていると石鹸の出来上がりに影響しますので、慎重且つ正確に必ず3人で計量します。

②石鹸素地の作成

厳選した天然オイルを適温に保ちながら撹拌し同じ温度にした水酸化ナトリウムの水溶液を加え撹拌反応を続けます。

この撹拌反応を鹸化といいます。

③各種素材の混合

液状化している石鹸素地に天然の精油、エッセンシャルオイルを配合します。

その際、石鹸素地が高温にならないように微妙な温度調整をすることによって素地に含まれる有効成分の熱による分解を防ぎます。

④型入れ充填

色やニオイの変化を感じながら、充填していきます。

こちらの作業もすべて手作業です。

⑤自然乾燥

ゆっくりと時間をかけ自然乾燥させていきます。

こちらの工程は天候に左右されやすい工程です。

⑥磨き・検査

一つ一つ丁寧に磨きます。

その際、異物が混入していないか、キズはないか、変形はしていないか一つ一つ確認していきます。

念のため『pH』(ペーハー)値も測ります。

⑦包装

包装前に、もう一度異物が混入していないか、キズはないか、変形はしていないか確認して包装します。

こちらの作業もすべて手作業です。

⑧箱詰め・出荷

丁寧に化粧箱に詰めていよいよ出荷となります。

LCRでは全ての作業を手作業でやっています!